子どもの歯医者さん選びはここが大事!

>

子どもの歯を守るためには

歯医者には定期的に通おう

虫歯予防のためには、歯医者に定期的に通うということが重要です。
定期的に自分の歯の調子を確かめておくことで、自分にとって今なにが必要なのかを理解することができます。
たとえば、虫歯があるということを知るためだけではなく、虫歯予防のために歯医者に通うことが一般的です。「歯医者に行く」ということで、歯磨きを頑張る人もいるでしょう。毎日食事後、寝る前に歯を磨く習慣をつけることで、虫歯になる確率は圧倒的に低くなります。
それに加えて、虫歯を防ぐためにはどうすればよいでしょうか。
虫歯予防のために重要なものが、「フッ素」です。フッ素の重要性を考えて歯磨きをしたり、歯医者でフッ素加工をしたりすることが虫歯予防につながります。

虫歯のできかたと予防方法

そもそも虫歯とはどのようにしてできるのでしょうか?
食べ物の糖分が分解され、生み出された「グルカン」という物質が、虫歯の元となります。グルカンが口の中に残っていると、口の中にあった虫歯菌によって酸が生まれ、歯が溶けてしまう、ということになります。こうして虫歯ができていきます。
フッ素は、そのような虫歯の発生を防ぐ効果を持っており、フッ素塗布によって虫歯になるリスクをかなり減らすことができます。
フッ素塗布は歯医者などですることができ、何度か回数を重ねてフッ素塗布することによって効果があります。そうすると、どこの歯医者で、どのようなプランでするのか、ということも重要になってきます。虫歯予防のためには、歯医者選びも大切です。


この記事をシェアする
TOPへ戻る