子どもの歯医者さん選びはここが大事!

>

歯医者選びにおいて重要なポイントとは

親子で歯医者を決めよう

子どもの歯の健康を守るために、子どもが通う歯医者を決めるという事は、親にとってとても重要なことだと思います。
普通の歯医者ももちろん良いのですが、小児歯科というものもあり、「小児歯科専門医」という資格も存在するため、そういった資格の有無をみて検討するのも一つの方法です。
子どものための治療をしてくれるということはとても重要で、子どもに適したフッ素塗布の頻度やタイミングもアドバイスしてくれるでしょう。将来の歯の健康のことを考えて、今どうしたらいいのかということを歯医者さんと一緒に考える事で、親子そろって安心して歯の健康を守ることが出来ます。
要は、親子揃って一緒に歯のこと、虫歯の治療法や予防法について理解する必要があります。

安心して虫歯予防をするために

子どもも安心して歯医者に通うためには、歯医者が通いやすい場所にあること、小児歯科であること、子どもがリラックスできるようなスペースがあるかどうかということなどが重要です。
「通いやすい」歯医者でないと、子どもにとって歯医者が「怖い場所」になってしまうからです。
子どもにとって、虫歯を予防して歯の健康を守る場所として、定期的に通う場所として、「歯医者さん」という場所が認識されることが重要です。
フッ素塗布についても、「フッ素塗布をすることで歯を守る」という説明がしっかりされていることが大事です。フッ素についても、その効果について様々な説があります。しっかりとその点について説明してくれるような歯医者を選びましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る